知っておきたい!キャビテーションの副作用

1回でも効果を実感できる、夢の痩身施術であるキャビテーション。
しかし、いつでも誰でも施術を受けられるという訳ではないようです。キャビテーションを受ける場合、
体のコンディションや時期によって、施術が不可能になる場合もあるので、最初のカウンセリング時に
よく話を聞いておきましょう。

 

キャビテーション施術を受ける事自体が難しい方
  • ペースメーカーを装着している方
  • 心臓に病気があり、通院している方
  • 皮膚に疾患をお持ちの方
  • 血管に疾病を抱える方
  • 糖尿病、またそれにまつわるお薬を服用されている方
  • 妊娠中の方

 

施術を控えたほうがいいのは…
  • 生理中の腹部施術は避けた方がいいです。
  • 骨がもろい方は施術ができないことがあります。
  • 子宮疾患をお持ちの方は腹部への施術ができません。
  • 怪我ややけど部分への施術はできません。
  • 顔やバスト部分への施術はできません。
  • 摂食障害のある方に対しては施術ができません。

 

以上のケースに当てはまる方は、施術ができないことがあるので、
施術時期をずらしたり、また病気が改善してから施術を受けるようにしてください。

 

施術に痛みがなく、部分痩せも可能ということで、人気を集めているキャビテーションですが、
以上の注意事項を守らないとせっかくの効果も期待できないですし、その上、副作用の危険性もでてきます。
キャビテーションを受けたいからといって、以上の条件に適合するのに、それを隠して施術を受けないようにしてください。
もちろん、無自覚のときもあるでしょうが、すこしでも可能性がある場合は施術を避けたほうがいいでしょう。

 

継続しなくても、1回ごとにしっかりと効き目がある施術ですから、焦って施術を始めることもないし、
体調が悪いのに無理矢理施術を受ける必要さえありません。病気が治ってから、またコンディションが
整ってから新たに時期を見計らって施術を受けたほうが効果的です。

 

脂肪やセルライトを取り除き、しかも老廃物を排泄できるので、見た目に反映しやすく、
体にもいいキャビテーションです。施術に痛みや熱も感じないですが、事故を未然に防ぐ為に、
必ず上記の注意点を守って施術を受けるようにした方が良いでしょう。