キャビテーションのデメリット〜アフターケアの重要性〜

キャビテーションは脂肪細胞を泡立たせ、温めて頑固な脂肪細胞を溶け出しやすくなりますので、
そのタイミングを見計らって、老廃物を体外に排泄することが大切となります。
施術前後の水分補給や、キャビテーション後のリンパマッサージが、脂肪燃焼、老廃物排泄効果を高めてくれます。
全てサロン任せというよりは、ご自身でも気をつけることでデメリットはほぼ感じなくなるでしょう。

 

キャビテーション施術をしたときの脂肪細胞やセルライト部分では、もともと凝り固まった脂肪がバターのように解けて、
必要ない老廃物が出てきている状態ですので、そのときに一気に水やリンパマッサージで押し出してあげると、
どんどん体の外にでていくというのは分かりますよね。

 

そのため、実際には、このキャビテーション+水分補給+揉みだし、リンパマッサージの組み合わせによって
キャビテーション施術が最大限に活かされるといってもいいでしょう。また、せっかく老廃物がどんどん出ている
ときですから、施術後の飲食、だいたい2時間くらいは食事をしないほうがいいでしょう。
キャビテーションやマッサージを受けた後の体は軽い疲労感を覚えるので、
水分を摂取してリラックスしましょう。

 

自宅でのセルフケアが大切!

冷え性の人は、もともとセルライトができやすい体質の人かもしれません。
せっかくキャビテーションによって溶解した脂肪細胞がまた固くなってしまったら、脂肪も落ちづらくなってしまいます。
自宅でもリンパマッサージなどはできますので、お風呂などで体を温めたあと、自分で自主的に続けてみると効果的です。
キャビテーション効果を最大限にするためにも、また、せっかくの施術をムダにしないためにも、キャビテーション後の
こまめなリンパマッサージ、そして冷え対策は必須です。アフターケアもぬかりなくしていくことです。

 

1回受けるだけでも効果がでますが、その効果を持続したいなら、自宅で出来る地道な努力も大事だということです。
また、1週間に1回ほどの間隔でキャビテーションを繰り返すのであれば、新陳代謝のサイクルにも合っていて、
より痩身効果が期待できるかもしれません。

 

エステティシャンに任せきりではなく、自分でもしっかり体のケアをしていきましょう。